正しいシャンプーの仕方

薄毛対策には育毛剤やAGA治療の前にまず正しいシャンプーの仕方が大事です。この正しいシャンプーの方法を行うことで薄毛予防を行うことができるので す。

まだ私は大丈夫と思っている方も若いうちから行うことで将来の薄毛を予防することができます。ではこのシャンプーの方法はというと、まずシャワーで しっかりと汚れを落とします。

髪の毛についた汚れや整髪料、頭皮の汗や油などを最初のシャワーで洗い流します。

約5分程度しっかりと洗い流すことで実は汚 れの殆どをこの時洗い流すことができます。その後は十円玉の大きさ程度のシャンプーを手に取り手の中でしっかりと泡立てます。

ここでシャンプーは髪の毛を 洗うのではなく頭皮をマッサージするイメージで、指の腹をつかって洗います。

ゴシゴシ洗ったほうが汚れが落ちそうですが最初のシャワーで汚れを殆ど落とし ていますので、シャンプーは頭皮をしっかりマッサージして毛穴の油などを取り除くように行います。シャンプーが終われば今度はまたシャンプーが残らないよ うしっかりと洗い流します。シャンプーの流し忘れがあると薄毛の原因となりますのでこれもしっかりと行ってください。

育毛剤おすすめ比較口コミランキングgoo

お風呂から上がったら頭をよく乾かし てください。頭皮が濡れたまま就寝してしまいますと毛根が死んでしまうおそれがありますのでしっかりと乾かして寝ることが大事です。

薄毛対策で改善したこと

若い頃は薄毛に悩むことは何一つありませんでしたが、30代になっての出産後から少々抜け毛が気になり、40代ではブラッシングと共に抜けていく髪が、悩みどころです。
ブラシに絡まる髪の毛の量や、お風呂場に残る髪の毛を見ては、ギッシリと掴めるその量の多さに驚愕してしまいます。
これは加齢に伴う現象なんだろうと思うものの、何だか薄毛になっているようで、やはり気になるものです。
そこで他にも原因があるか考えて、一つに頭皮の状態がよくないことだと確信しました。
頭皮の状態がよくない原因は、シャンプーであったり、食事だったり、ブラッシングの仕方や髪をひっつめてばかりいることも挙げられます。なので、できるだけ自覚している内容は変えていくようにしました。
頭皮に刺激の少ないシャンプーを使う、食事はバランスを大事にし、髪の毛は優しくブラッシング、そして毎日のヘアスタイルを同じなしない(ゴムでくくってばかりにしない)…などです。
そのやり方で、少しは抜け毛が減り、薄毛対策になったかと思います。
一番よかったのは意外とヘアスタイルで、特にゴムで結んで髪をひっぱり続けないようにするのは、良かったと思います。
いつまでも自分の髪を美しく保ちたいものです。